1. TOP
  2. 試験案内
  3. 融資審査2級試験

融資管理職に必要な「事業性評価」の能力を問う!
融資審査2級検定試験
                    
    受験料6,727円(本体)

 昨年の金融行政方針を始め、近年金融当局で発出されるガイドライン・通達からは、担保・保証や財務内容だけで判断してきた従来の融資から、取引先の事業内容や成長性を見極める「事業性評価」が強く要請されています。
 融資審査2級検定試験は、「事業性評価」が求められる背景・意義からその具体的な内容である取引先の環境分析、将来性予測、事業モデル、技術の目利き等、「事業性評価」に基づく融資に必要な知識・スキルを検証する検定試験です。


試験委員長 寺岡 雅顕(㈱オクトフォースマネジメント相談役)
   委  員 石原 泰弘(元第一勧業銀行)
   委  員 立花 敏男(㈱日本総合研究所執行役員・リサーチ・コンサルティング部門長代行)


□ 融資審査2級検定試験

  出題方法 参考書 
事業性の評価
 事業性評価融資と金融行政/事業性評価融資誕生前の融資制度の障害と改善策/事業性評価融資とは/事業性評価融資の進め方/税理士などの専門家と金融機関の連携
五答択一式
50問
融資判断上級講座
(3カ月コース)
受講料15,241円(本体)
銀行研修社発売
未来予測・ビジネスモデル
 市場環境分析と未来予測/ビジネスモデルと競争力判断
目利き技能と融資審査
 目利きによる融資審査/技術の目利きによる融資審査
知的財産権の評価
 知的財産権/融資判断と知的財産権

* 合格基準:60点以上、但し試験結果を踏まえ試験委員会で決定






前頁へ戻る